挑戦を避けるのは、本当の実力を知るのが怖いから

こんにちは!スマホで始めるYouTube講師の かとうさやか です。


「本気で頑張る」というのは実はハードルが高い。

その理由は「本気でやった結果」と向き合う覚悟が要るからです。これは年齢が上になるほど難しくなるのではないかと思います。


以前はなんとなく要領で乗り越えられてきたことも、社会に出るとごまかしが利かないことがたくさんある。


ごまかしというのは世間に対してもだけど、自分へのごまかしもあります。「本気でやるのはカッコ悪い」と思っている時は、「本気でやった結果、自分の実力が可視化されるのが恐い」という本音から目を背けているのではないかと思います。


「私、頑張らなくても出来ちゃうんですw」という方が、割とびっくりするような「それ、できたうちに入りませんよ?」というクオリティの仕事を提出することってありますよね。それこそ、自分の実力を客観的に見る機会から目を背けてきた結果だと思います。


と、ここまで偉そうに書きましたが、これは過去の私自身のことでもあります。



(成長を続ける我が家のサンスベリアさん)


私も以前は「失敗する自分」「本当は大したことない自分」と対峙するのが怖くて、チャレンジを避けていました。「本当はやればできるんだけど、本気出してないだけだからw」と(聞かれてないのに)心の中で言い訳ばかり。「オレはまだ本気出してないだけ」ってやつですね。


「下手くその上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」

BY安西先生


自分の現在地がわからなければ、それ以上成長することはできません。


自分の現在地を客観的に受け入れ、学ぶ意欲を忘れないこと。クリエイターとして忘れずにいたいことです。




《アクセス》

↓YouTubeチャンネル↓

https://onl.bz/mdVAa65


↓セミナー、最新情報はニュースレターへ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/3547

LINE始めました

↓ご登録はこちらです↓

https://lin.ee/NJANmdW