top of page

一年の最後に小さな優しさの輪を広げる

年の瀬が近づいてまいりました。閉塞感を感じることも多い一年でしたが、こんな時ほど優しさのリリースをしていきたいものです。



今年のクリスマスは、事情のある子供にプレゼントを贈ることができるサイトをいくつか利用して、サンタさんを楽しんでいます。


一つはAmazonの

【みんなでサンタクロース】支援が必要な施設の子供達に、施設が希望したプレゼントをAmazonギフトとして贈ることができます。


もう一つは

【ブックサンタ】こちらは「様々な事情で困難な状況(経済的理由、病気・入院、親子が死別、災害被害など)にいる子どもに本を届けること」を目的に2017年スタートした、全国のNPOと書店が連携したプロジェクト。

パートナー書店で子どもたちに贈りたい本を購入、レジでその本を寄付すると、全国の子どもたちに「サンタクロースから本が届く」というチャリティプログラムです。専用オンライン書店とクラウドファンディングでも寄付が可能です


大切な人へのプレゼント選びも楽しいものですが、顔を知らない誰かへのプレゼント選びっていいですね。


「ブックサタ」は幼児向け〜中高生向けまで幅広く本が選べるので、私が子供の頃から好きな作家さんや、大人になった今好きな作家さんなど、たくさんセレクトしました。


私は人生を振り返ったとき、生い立ちの中で一番感謝しているのは本をたくさん読める環境にあったことです。たくさんの本との出会いが、今の私を育てたといっても過言ではありません。


そんな個人的な事情もあり、この「ブックサンタ」は是非ともと思いプレゼントさせていただきました。


絵本は『はじめてのおつかい』などで知られる林明子さんと筒井頼子さんの作品が大好きなので、こちらを何冊か。あと表紙が可愛い本などもセレクト。


小学生向きだと『絵が上手くなる本』とか『マンガの描き方』とか、楽しく練習できそうな本が結構あって、私が子供の頃に欲しかったなぁと思いつつカートに追加。


中高生向きの本は『風が強く吹いている』や『羊と鋼の森』など、大人の私が大好きな小説もたくさんあって、こちらもカートにポチポチと。


こんなにウキウキする本のお買い物は初めてだったかもしれません。


見知らぬ誰かに本を選ぶってこんなに楽しいことなんですね。


ブックサンタは、応募した家庭にサンタの格好をして本を届けに行く「ボランティアサンタさん」もいるみたいです。世の中には「ただ人に親切にしたい人」が沢山いるんだということですね。


世の中が不安定になると心の歪みが表面化します。そんな一面を目にしてうんざりすることがありますが、少し別の角度から世の中を見れば人の心の優しさに溢れているんだなと。そんなことを実感することができます。


オススメですよ!




そんな私も少し前に静岡に帰省し、実家に少し顔を出してきました。玄関で挨拶すると母からみかんが3袋も入っている紙袋を渡され、「あなたが来るからお父さんが買ったのよ」と。


え、父そんなキャラでしたっけ。色々事情があり父とはちゃんとコミュニケーションを交わした記憶がほとんどないのですが、「何か娘が喜ぶことを」と考えてくれたのでしょう。


そういえば、昨年体調を崩していた父に「出かけるのが楽しくなるように」とQUOカードを送ったのですが、そのお礼だったのかもしれません。真相はわかりませんが。


過ぎた時間の溝は簡単に埋まるものではありませんが、小さな思いやりのやり取りの中にお互いを思う気持ちがあるのかもしれません。親子関係の正解は人それぞれで、我が家はその答えを見つけつつあるのではないかと、そんなことを最近思います。


今年も残すところあと12日。


一年の最後に、世の中に広がる小さな優しさの輪を感じる出来事でした。

《よろしければこちらもぜひご登録ください》


↓毎月勉強会を開催しています「スマホで始めるYouTubeサロン」↓

https://resast.jp/conclusions/10300


↓YouTubeチャンネル↓


↓セミナー、最新情報はニュースレターへ↓


LINE始めました

↓ご登録はこちらです↓




Comments


bottom of page